デオシークとノアンデのメリット・デメリットは?

身体の臭いや制汗対策に、薬用のデオドラント製品を使っている人も多いでしょう。

 

デオシークノアンデなどが名の知れた人気製品です。

 

この2つのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

デオシーク ノアンデ メリット

 

デオシークのメリット・デメリット

 

まずデオシークは、モンドセレクション2018受賞の高品質です。

 

男性・女性・お子様まで幅広く使用できるのが良い所です。

 

 

デオシークのクリームは天然成分を使用しているので、刺激が少なく肌のデリケートな人にも向いています。

 

持続時間が長いのも特徴で、朝1回の使用でもOKです。

 

 

特に臭いの気になる場合は朝・晩2回を推奨しています。

 

ワキガなどの強い臭いにも効果が高いです。

 

 

クリームだけでなく、ボディーソープや身体の内側から対策できるサプリメントまであります。

 

ラインで使うことで、より高い効果を得ることが期待できます。

 

 

脇以外にも足やデリケートゾーンにも使うことができます。

 

気になる所にピンポイントで使えるのも便利です。

 

 

デメリットとしては、若干値が張ると言うことでしょう。

 

しかし定期コースなどを使えばお得に購入することも可能です。

 

 

定期コースの初回限定で衣類・靴用の消臭スプレーのプレゼントもあってお得感があります。

 

本気のニオイ対策にデオシークを試してみましょう。

 

 

ノアンデのメリット・デメリット

 

一方ノアンデも注目が高まっています。

 

ノアンデの方は特に女性層に強いようです。

 

 

ボトルの見た目も綺麗なので、一見普通の女性用化粧品に見え、デオドラント製品とわかりにくいので気負いなく部屋にも置けます。

 

汗にも強く敏感肌や乾燥肌の人も安心して使えるでしょう。

 

 

もちろん男性にも同じように効果があるので加齢臭が気になってきた人にもおすすめです。

 

テクスチャーが柔らかく伸びが良いので使い心地も合格点です。

 

 

100%除菌し、さらに独自開発の「DSHIELDTechnolgyW-EX」を採用。

 

原因菌ができにくい状態を二重の作用でしっかりカバーします。

 

こちらも肌に優しい処方のため、臭いに悩むお子様にも使えます。

 

 

デメリットは、ボトルのサイズが思ったよりも大きいと言うことです。

 

持ち歩くには悩むサイズではあります。

 

 

このように薬用デオドラント製品にも色々と種類があり、特徴も様々です。

 

一番大切なことは自分に合っているかどうかです。

 

人によって使い心地や効果も違ってくるので、よく吟味しましょう。

 

 

夏だけでなく、一年中意外と気になる身体の臭い。

 

デオシークやノアンデを使って、毎日を気持ち良く過ごしてください。