わきがとアポクリン汗腺|わきがに良い汗と悪い汗がある?

わきがに影響を及ぼしている汗腺は2つありますが、最もわきがの元凶になっている汗腺はアポクリン汗腺です。

 

アポクリン汗腺はどの部分に存在しているのかというと、わきがといえば脇です。

 

加えて脇だけに限らず、アポクリン汗腺は乳輪や男性器、肛門の周りの体毛が集まっている所にも存在します。

 

わきが 良い汗 悪い汗

 

わきがと多汗症

 

わきがは多汗症とも関わりがあります。

 

わきがと多汗症のどちらにも当てはまるのはアポクリン汗で、その成分はたんぱく質や糖質、アンモニアなどにより作られています。

 

 

あえて言えばこちらのアポクリン汗はワキガが起こる原因に化す位の汗ですのでサラッとした気持ちよいような汗とは異なり、少々べとつきのある汗です。

 

 

わきがの原因と化している汗はニオイはこれといってしないのですが、ならばなぜわきがが臭うんでしょうか。

 

この原因はアポクリン汗の中にある成分が肌につき、それによって雑菌が分解されて強力な臭いが生じてしまうということなのです。

 

これがワキガの要因になります。

 

 

わきがをひどくさせる原因

 

わきがに伴って多汗症になると、汗がいっぱい出ますし、わきがの臭いの広い範囲にわたってしまうのです。

 

これこそがわきがで苦しんでいる人の一番の悩みではないかと思います。

 

 

汗はナーバスになったり悩んでしまったりプレッシャーがたまっていると出てしまうことが多いと言われています。

 

そんな訳でわきがに悩みすぎて更に汗をたびたびかくはめになり、まさにそれがわきがをひどくさせると言えそうです。

 

 

わきがに良い汗と悪い汗がある?

 

わきがに良い汗と悪い汗があるというのをご存知でしょうか?

 

ここではその2種類の汗についてそれぞれ調べてみました。

 

 

わきがに良い汗とは?

 

わきがに良い汗と言えるものが存在するのかと思われている人もいらっしゃるかもしれないのですが、わきがにおいては悪い汗だけではないといえます。

 

 

通常かいている汗はわきがと直接的には関係のないエクリン汗という名の汗です。

 

わきがに直結していないエクリン汗はカラダの体温をコントロールする目的で体から出ています。

 

 

体度が急上昇するとこのエクリン汗を出すことで熱を下げてくれるのです。

 

エクリン汗が正しく働いていると、ほとんど臭い無しのサラサラな汗が出ます。

 

 

肌についてもねばねばしていないお陰で、すぐさま蒸発して体温調整も素早くされて体としては良いのです。

 

サラサラの汗はわきがには良い汗と言えるでしょう。

 

 

わきがとなる原因になる臭いをセーブしてくれますし、汗を大量にかいたとしてもサラサラとしており臭いませんからわきがにはならないのです。

 

更には皮膚を弱酸性にキープすることで雑菌の増殖をセーブしてわきがができる原因を根源から消し去ってくれるのです。

 

汗が出る時にこのエクリン汗ならば問題なく、汗をいっぱいかけるワケです。

 

 

わきがに悩まされているのなら逆に言えばこのエクリン汗をかけば防止できるのです。

 

わきがの人が汗を調整しながら出すというのは困難だとは言えますが、わきがにおいては良い汗も存在することも把握しておくのは良いことではないでしょうか。

 

 

わきがに悪い汗とは?

 

わきがにおいて悪い汗とはわきがを生じさせている汗のことです。

 

わきがの原因である汗腺が正しい活動を行なっているなら、血中のミネラルが吸収されることになりますから、わきがにおいて良い汗であるエクリン汗が出て、臭いもないサラッサラの良い汗が出てきます。

 

 

が、カラダ中には悪い汗と言われるものがあり、汗腺が正しい働きをやっていないことが原因で、血中のミネラルが吸収されず、ベトつき、粘りもあるために肌についても簡単には蒸発しないで、雑菌が生じる原因になる、わきがの臭いのもととなるアポクリン汗という悪い汗が分泌されてしまうのです。

 

この時点で出た悪い汗はわきがが発生する原因になるのですが、肌の状態をアルカリ性にするため、アルカリ性となった肌の表面には雑菌が増殖し、わきがの臭いの要因となってしまうわけです。

 

 

わきがにおいて悪い汗はこちらのアポクリン汗のためににおいを生じさせていたのです。

 

わきがの原因にとでもいうべき汗がどんな風な汗だろうかわかっておくことによりわきがの対策法にもなるでしょうし、わきがに思い悩んでいる人は解決法が分かるのではないでしょうか。

 

わきがには悪い汗も存在しますがそもそも汗はかかなければ体温調整が不可能ですから汗は体のためには必要不可欠です。