口臭と生活習慣の密接な関係とは?

口が臭いと指摘されて頭を悩ませているのではないでしょうか?

 

口が臭いのは気が付いているのだが、歯を磨いても時間が経つとどうしても口臭が強くなってしまう…そんな経験はありませんか?

 

口臭があると口を開くのが不安になり、人と話す時も人前で笑うことだって躊躇することになってしまい、憂うつに見舞われることにつながります。

 

口臭 生活習慣

 

 

生活習慣から口臭チェック

 

口臭はみなさんの生活習慣と関わりがあるのをご存知でしたか?

 

口臭を防ぐ為にさっそくみなさんの生活習慣をチェックしましょう。

 

 

朝ご飯を食べなかったり、食事時間がバラバラだ。

 

眠っている時は唾液の分泌が抑えられるため、口の中の菌が繁殖し、寝起きの口臭が強烈になります。

 

朝食を食べることで唾液が分泌され、口臭が弱まります。

 

 

食事の後は唾液が分泌されるお陰で口臭が弱まり、食事の前は口臭がひどくなることがよくあります。

 

規則正しい食生活を心掛けたいものです。

 

 

食べる時、よく噛まないで飲み込む。

 

食べる時によく噛まないと、唾液がしっかりと分泌されないことが要因となり、口臭の原因になります。

 

食べる時はよく噛んで唾液の分泌を促しましょう。

 

 

硬い物をあまり食べない。

 

硬い物を食べずにソフトなものばかり食べていると、咀嚼する回数が少ないことから唾液が分泌されないため、口臭のきっかけとなります。

 

硬い物も食べてしっかりと噛むことで、唾液の分泌を促しましょう。

 

 

それほど水分をとらない。

 

水分をあまり飲まないと口の中が乾くため、菌が増殖し口臭の要因となります。

 

水分をきちんと補給し口の中が長時間乾いた状態にならないようにしましょう。

 

 

睡眠不足、ストレスがある。

 

睡眠不足や、ストレスがあると唾液の分泌が少なくなるため、菌が繁殖し口臭の引き金となります。

 

睡眠はしっかりとりましょう。

 

また、ストレスもためずに発散するように心がけましょう。

 

 

口呼吸をする

 

口呼吸をしている人は口の中の水分がなくなりやすくなります。

 

それに伴って唾液の分泌が少なくなり、菌が増殖するため口臭の原因となります。

 

口で呼吸していないか気をつけてみましょう。

 

 

タバコを吸う

 

タバコを吸う人には、口臭の原因の一つ、歯周病になっている人が多くみられます。

 

タバコの吸いすぎに注意して、お口のケアをしっかり行うことを意識しましょう。

 

 

お酒をいっぱい飲む。

 

お酒を飲むことで、お酒の成分の一つ、アセトアルデヒドが数々の粘膜から出るため口臭が発生します。

 

お酒を飲むことで口の中が乾き、唾液の分泌が減る事も口臭の原因になります。

 

 

お酒は飲み過ぎに注意しましょう。

 

また、お酒を飲んだ時は水分をきちんと補給しましょう。

 

 

 

生活習慣を見直すことで、口臭は予防することができます。

 

何か一つでも良いのでまずは意識することから始めてみてはいかがでしょうか?