口臭予防に大切な、正しい歯磨きとは?

自分の口はクサイかもしれない…と心配になって人と話することが出来なかったり、口臭のことを考えておさえながら話した経験はありませんか?

 

話していたら口臭が原因で不快な顔をされるとか、顔をそむけられりした経験はありませんか?

 

口臭 歯磨き

 

人と話しをするということが恐ろしくなってしまったり周囲の人にも不快な思いをもたらす口臭。

 

おびえることなく人と話しが出来るよう、または人に嫌な思いをさせたりしないよう、きちんと口臭予防をしていきましょう。

 

 

口臭予防に大切な、正しい歯磨き

 

口臭予防の大事なポイントとしてきちんとした歯磨きがあります。

 

きちんとした歯磨きがなければ口の中に食べ物のカスが残留し、その食べカスが腐敗、そして発酵することにより口臭がもたらされます。

 

また、歯磨きをきちんと行わないことが原因で虫歯や歯周病等になってしまって、こういったことも又口臭の要因となります。

 

 

みなさんはきちんとした歯磨きを行なっていますか?

 

自分自身ではきちんと歯磨きをやっている気持ちでも、残念なことに十分に磨けていない人がいるのです。

 

 

歯磨きをやっても清潔にならないと意味なしです。

 

きちんとした歯磨きを行なって口臭を防ぎましょう。

 

 

正しい歯磨きとは?

 

では正しい歯磨きというのを紹介します。

 

 

歯磨きの習慣を身に付けましょう

 

食後は歯磨きの習慣を身に付け、いつも口の中を衛生的にキープしましょう。

 

 

歯磨き粉のつけ過ぎに気を付けて

 

歯磨き粉をたっぷりと塗布すると口の中が泡だらけになり、きれいに歯磨きをする事が出来ません。

 

また、泡がいっぱい出ることから本当はそれほど磨けていない状態なのにきちんと歯磨きを行った気になってしまいますからご注意ください。

 

 

歯ブラシは鉛筆を持つ感じで

 

ガッツリと歯ブラシをにぎって、ガシガシと歯を磨く人がいますけれど、これに関しては歯や歯茎を傷付けてしまうこともあってやめた方が良いでしょう。

 

鉛筆を持っているみたいに歯ブラシを手にしてさほど力を入れずにソフトに磨くことを意識しましょう。

 

 

歯磨き時間は10分〜15分を目標に

 

歯磨きの時間は3分と子供だった頃に教えられた人はいっぱいいることでしょう。

 

ですが、実際しっかり歯磨きを行うなら3分だと時間がたりません。

 

10分〜15分くらいを目標に、一本ずつ入念に磨くようにすると良いいでしょう。

 

 

歯と歯茎の境目に歯ブラシを直角に当てて磨きましょう。

 

歯ブラシは優しく小刻みに動かし、歯の奥までしっかり磨きましょう。

 

 

歯磨きの後はきちんとすすいでください

 

ブラッシングの後は、きちんと口の中を洗い流し、歯磨き粉が口の中に残らないようにしてください。

 

 

糸ようじを活かしましょう

 

歯間に食べカスが残っていると口臭の要因となります。

 

歯間にはまり込んでしまった食べカスはいかに磨いても上手に取り去ることが簡単ではないケースがあります。

 

このような時は糸ようじを使って綺麗にするといいでしょう。

 

 

歯医者さんで適正な歯磨きを尋ねてみましょう

 

歯の生え具合等によってその人において一番最適な歯磨きの仕方というものが異なってきます。

 

とりわけ歯並びが酷かったり、一部分のみ入れ歯であったり、歯肉炎がある人は口臭を起こし易いことから、正しい歯磨きの仕方を知るというのが本当に重要です。

 

必要だとすれば近辺の歯医者さんできちんとした歯磨きを教えてもらって口臭を防ぎましょう。